ゼロから始める中学受験生活

中学受験(娘2027年・息子2029年)をすると仮定している家族の日常。

年少→年中 引っ越しで幼稚園が変わった

長男は年少が終わった3月末に引っ越しして、4月に年中組から新しい幼稚園に入園しました。

大きく変わったこと

地域

関西→関東

周りの人の会話が関西弁から標準語に変わります。流石に何言ってるかわからないということはなかったです。

幼稚園の雰囲気

カトリック系幼稚園→どろんこ系わんぱく幼稚園

元のカトリック系幼稚園は指先などの器用さ向上系のカリキュラムが多かったです。(長女は年長で電動糸のこぎりで木の工作をしたりしてました。)もちろん宗教行事や聖歌もありました。

現在通園中の幼稚園はひろーい園庭があり、よく走り回っているようです。体力がすごくつきました。特に持久力がかなり上がりました。鬼ごっこで2個上の小1女子(長女や長女の友だち)を捕まえれるほどです。

徒歩通園→バス通園

車酔いするタイプなので心配していましたが、大丈夫そうでした。乗り物が好きなので喜んでいます。

親としては幼稚園に月数回行かなければいけないので、遠い分大変です。あと、園での様子が謎なのと担任の先生とあまりコミュニケーションが取れないです。必要が有れば担任の先生から電話がありますが…

徒歩通園のときはご近所のママ友ができましたが、バス通園だと一緒のバス停の人がいないのでママ友が全然できません。567禍で行事も少ないですし人と関わることも少なくです。

転園で失敗したこと

引っ越し準備と長女の入学準備で手がいっぱい。息子の幼稚園探しは後回しに…東京へ来てから幼稚園を探すことになりました。その結果、近隣の幼稚園が定員いっぱいで遠めの幼稚園になりました。公立幼稚園がなく私立幼稚園のみなので探すのに苦労しました。近隣の幼稚園6園ほどに連絡して、空きがあったのが2園でした。東京は転勤族が多いので満員・空きは月によってコロコロ変わるようです。またバス通園も広範囲の場合があるので遠い園だからと言って通園しにくいわけではなかったみたいです。

転園で良かったこと

とっても活発になりました。もともと運動が嫌いというわけではありませんでしたが、前の幼稚園では砂遊びが多かったです。一方転園してからはバナナ鬼という鬼ごっこで毎日遊んでいるそうです。

先述したように東京は転勤族も多いようなので急な転園にもスムーズに対応してもらいありがたかったです。

まとめ

引っ越し前は新しい幼稚園になじめるか心配していました。しかし、1度も行きたくないとか泣いてしまうこともなく、毎日元気に行ってきますとバスに乗り込んでいきます。

親が思っているより子供は強いですね!!